System

設計の流れ

まず、どんな家にするのか考えること・・・・基本設計
その構想を図面にまとめたもの・・・・・・・・・実施設計
工事が図面どおりに進んでいるか確認・・・工事監理     と考えてください。

リブ・デザインでは基本設計開始の時点で設計監理契約を結んでいただきます。
土地に建築条件付の物件などでは基本設計のみの契約ですが、
特別な事情がない限り、基本及び実施設計・工事監理契約を一括して結んでいただきます。

その1・お客様からの相談
heiritu
メールフォームやお電話、Faxでお問い合わせください。家族構成や希望、現実と理想のズレ、など。
例えば、こんな狭い敷地なんだけど、こんな希望があります、
2つぐらい敷地の候補があるんだけど、など。
まずは、直接お会いしてお話し、設計者(私ですが)と合うか、
お互いうまく信頼関係を結べるか、判断していただきたいと思います。

   Next

その2・最初のプラン(ここまで無料)
実際にお会いしてお話を伺います。teiannplan
理想に思っている、住まいの形や、雑誌からの切り抜き等、
資料を沢山いただけるとよりイメージを作りやすいです。
その後、敷地の役所調査(法規チェック)、現地での眺め
光の入り方、風の通り方をチェックします。
(あまり遠方だと無理な場合もあります。)
そして、再度お会いして、第一回プランの提案・説明をいたします。
お持ち帰り頂いて、ご検討頂き、設計を依頼されるかどうか後日ご連絡ください。
注意)この時点で、プランをそのまま他社工務店等で使用されることは、
法的に禁止されています。プランの知的所有権は設計者にあることをご承知ください。

   Next

その3・基本設計
設計をお任せ頂けるならば、基本設計契約を結びます。

何度も打ち合わせをし、色々なイメージを伺います。
考え方は気に入ったけど、プランを変えたい、
などプランの変更も、納得がいくまで行います。
第二回、第三回と段階を踏んでプランを練ります。ritumenn

   Next

その4・実施設計
基本設計が固まると、関係役所や検査機関に申請をするための図面を作ります。
また、平行して大きいスケールの図面を制作します。
この図面や仕様書(建物の素材やグレード)をもとに工務店に見積をとります。
工務店さんはこちらで紹介する場合もありますし、
お客様のお知り合いをご紹介いただく場合もあります。

   Next

その5・工事監理
工務店がきまれば、いよいよ着工です。
工事中は、建物が図面通りできているかだけでなく、
実際の空間を見て、少々の変更も行います。
例えば、窓の位置はここの方が良いとか、大きくなど。
実際の空間でなければわからない事もあるので、
法規や予算の許す限り、より良い住まいを作りたいと考えています。pausu

設計料について

リブ・デザインでは設計料を建築物の面積によって、決めています。
おおよそ、30坪100平米程度の木造新築一戸建では90万~150万円程度
この、値段の幅は内外装の仕上げ=工事費の大小によります。
(いずれも確認申請など、役所等に支払う手続費は別途です。)
また、リフォームの場合も工事面積で同様になります。
設計の性質上、小さい家でも最低設計料は同じと考えてください。

但し、条件付宅地のような物件の基本プランの
ラフスケッチ+内外装仕様の相談のみの場合は、10万~40万円程度となります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ